お問い合わせはメールにて24時間受付中

info@calliedesign.com

WordPressのショートコードは、functions.php ファイル内に記述して定義し、それを固定ページや投稿で呼び出して利用します。

固定ページや投稿に文章を表示するショートコード

一番簡単なものは、コンテンツに書き出す内容をそのまま返すPHPコードを作成して、ショートコードにするものです。

function example1_func( $atts ){

return “Let’s go out and drink beer.”;

}

add_shortcode( ‘shortcodes_example1’, ‘example1_func’ );

add_shortcode 関数は、

function add_shortcode( $tag, $func )

の形式で、$tag というショートコード文字列に対して、$func というハンドラー関数を登録します。

そのうえで、コンテンツ内に [$tag]、この例では

[shortcodes_example1]

と記述することで、ハンドラー関数 $func、すなわち example_func の実行結果が表示されます。
具体的には、

Let’s go out and drink beer.

という文章が表示されるわけです。